SERVICE

サービス

SERVICE

感動するリフォーム


わたしたちはリフォームを行うにあたり、安心・安全・確かな施工技術はもちろんのこと、
挨拶や細かな気配り、近隣配慮そしてマナーを大切にしております。
お客様に満足していただくために、決して高級なものを提示するのではなく
お客様に合った適正なサービスをご提供いたします。

密なコミュニケーション、相談しやすい体勢を整え
一生に数回の楽しく思い出に残るリフォームを提供いたします。

REFORM

リフォーム
外壁塗装
一般的に、外壁や屋根は6~10年目、
木や鉄・トタンの部分は3~7年目が塗り替えのタイミングです。
もちろん、塗装の種類や建物の立地条件などによっては、
早めに塗り替えた方が良い場合もあります。

塗装は、時間が経つと耐久性や審美性が落ち、
更に劣化が進むと腐食だけではなく、
シロアリなどをはじめとする害虫が侵入してきます。
また、釘やボルトなど金属部品が錆はじめ
建物の安全性に問題が発生し危険な状態になります。

塗装・防水工事をせずに放置しているとこのような症状が現れます

ツヤがなくなってきた
色があせてきた
手で触ると白っぽい粉がつく
カビやコケが生えている
サビている
塗料の表面が剥がれている
壁や屋根のヒビ
右の項目に当てはまるほど劣化が進んでいる状態です。
ヒビがある場合、建物の耐久性が落ち危険性が高いため、早めの塗り替えをおすすめします。
下塗りは外壁と塗料の密着性を高める為に行う重要な部分。この下塗り塗料は接着剤の役割を果たしています。

中塗りと上塗りは選んで頂いた色の塗料で塗り替えていきます。
塗膜の厚みをしっかりと確保する為に中塗りと上塗りを行います。
塗料メーカーさんからも塗装の耐久性を最大限に発揮する為に
3度塗りが基本と塗料設計されている為、
外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本となっています。
塗装にデザインを施したい場合は4度、5度と塗る回数が増えることもあります。
屋根や外壁を塗装する際は手が届くように簡易的な足場を作らなければなりません。
この足場が丁寧に塗装箇所に作られていれば隅まで丁寧に塗装することが出来ます。
不安定な体制で塗装をすると塗膜の厚さに差が出てしまい色ムラを引き起こし、
塗膜が薄い部分から劣化が進行してしまいます。
塗装する前には外壁の表面を綺麗にして滑らかにしなければなりません。
この行程があることによって塗料が密着しやすくなり、美しく仕上がります。
下地処理の行程を怠ってしまうと
表面の滑らかさがなくなり見た目のクオリティがかなり下がってしまいます。
外壁塗装と同様に大切なコーキング。
コーキングは建物を守る為に非常に大切な役目を担っています。
コーキングのメンテナンスをきちんと行うだけで外壁材の劣化を防ぐことが出来るので外壁材のメンテナンスの費用軽減にも繋がります。
外壁の材料のジョイント部分の防水性を高める
外壁の材料のジョイント部分の防水性を高める役割を果たしています
ジョイント部分にコーキングを充填することで防水性を高めて
建物内部に雨水や湿気などが浸透しないよう建物を守ってくれています
外壁材料の劣化を防ぐ
建物の追従性を受け止める場所を作ることが出来ます
地震など、建物に何らかの動きがあった時にコーキングの柔らかい目地が
衝撃を吸収し力を逃して他の部位にクラックを作らない役目を担ってくれます
ウレタン防水 液状化したウレタン防水材を下地に塗布し、防水層を形成する工法
ウレタンシート防水 シートを下地に貼り付ける工法。施工性が高く短工期を実現することが可能。
既設の防水層の上から被せることも出来、廃棄コストを抑えることが出来る。
FRP防水 液状化したウレタン防水材を下地に塗布し、防水層を形成する工法
乾燥後はプラスチックになる為、軽量で強度・耐水性に優れている。
シーリング工事 サッシやドアの隙間からの雨漏りは隙間を埋めるのに使われている
シーリング材の経年劣化がほとんど。打ち替えを行うことで補修可能。
外壁防水マンションなどで外壁の劣化が激しい場合や定期的な塗り替えが難しい場合、
RC造や鉄骨造で外壁塗装面からの雨漏りが発生している場合におすすめ
建物は、雨・雪・風・紫外線・熱による影響を常に受け、 暑さ・寒さなどを防ぎながら日々劣化していきます。 コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、 建物内部に水が染み込むのを防ぎます。
「低汚染性(防汚性)」や「高耐久性」に優れた塗料などの機能性塗料など
全ての種類の塗料を取り扱っております。
ご自宅の外壁や屋根で起きている症状を専門家にしっかり調査、
現在最も適した塗料をご提案いたします。
屋根塗装
30坪の場合
足場・水洗別途
耐久年数

費用
ウレタン系
5-7年

20万円
シリコン系
6-8年

22万円
ラジカル
7-9年

24万円
フッ素系
8-10年

26万円
ガイナ
15-20年

27万円
外壁塗装
30坪の場合
足場・水洗別途
耐久年数

費用

1年あたり
の費用
ウレタン系
8-10年

31万円

7万円-
10万円
シリコン系
12-15年

34万円

5.8万円-
8.7万円
ラジカル
14-16年

36万円

6.6万円
 
フッ素系
18-20年

45万円

5.6万円-
7.4万円
ガイナ
15-20年

59万円

6.5万円-
8.6万円
1年あたりの費用で比べてみると、
お手軽な価格のアクリル系塗料やウレタン系塗料は耐用年数が短い為塗り替えがすぐに必要になってしまいます。
まずは最もコストパフォーマンスの優れているシリコン塗料をベースにして予算を立てることをおすすめします。
クレームゼロを目指しています。
  • メーカー保証
    メーカーが保証している塗料を使って
    不具合が出た場合、塗り直しなどを保証する制度です。
    技術認定証書を取得した施工技術者が施行を行います。
  • 自社保証
    自信があるからこそしっかりしたアフターフォローを。
    水漏れに関わる箇所は無料で5年保証しております。
  • アフターメンテナンス
    ・1年点検
    ・3年、5年点検

    無料点検いたします
    点検する内容
    • ひび割れ
    • 塗装の剥離
    • 雨樋
    • 屋根に上がって確認
屋根工事
外壁が劣化している場合、
同時に屋根の劣化も進んでいる可能性があります。
屋根の劣化が進むと漏水などにより建物の耐久性が落ちてしまいます。

屋根の素材や状態により葺き替え・張り替えなど
適切な方法で施工する必要があります。
診断士によるチェックを無料で行いますのでお気軽にご相談ください。

塗り替えではなく屋根工事をおすすめする屋根もございます

塗装に向かない屋根の状態
  • 層間剥離
  • 表面剥離
  • 屋根下地の劣化
他にも「瓦・セメント瓦」「波型ストレート」「金属たて葺き」などの屋根は
塗装や重ね葺き(カバー工法)ができない為、屋根工事を行います。
葺き替え・張り替え工事は屋根材の下に防水シートや桟木・下地材を一新し、下地の腐食を補修できます。
また最近は軽くて丈夫な屋根材も多く、耐震性がアップするというメリットもあります。
今と違う屋根材を選べばデザインが一新できます。さらに維持コストが大幅に下げられます。

DESIGN

設計
設計
お客様のご要望を第一に考えて密なヒアリング、
コミュニケーションを取り 何回も検討を重ねてお客様に合ったベストなプランをご提案いたします。

また、お客様の選んだ土地や代々守り続けている
土地の特性を最大限に活かして、 世界にひとつだけの
建築をご提案します。

利用者様が20年、30年と新しい発見と
どこか懐かしい雰囲気を楽しめるような 幸せを呼ぶ空間を演出します。
QUALITY
動線を短く快適に
間取りで大切なのは動線です。
自由に行き来できる間取りは
どこからでも移動しやすく
動線がスムーズです。
QUALITY
大空間・採光
太陽の降り注ぐ大きな窓や、
大きなリビングなど
「明るい」「開放感のある」
快適な空間づくり。
QUALITY
鉄骨造・木造工法
説明の文章が入ります。説明の
文章が入ります。説明の文章が
入ります。
説明の文章が入ります。
QUALITY
耐震等級3
(最高レベル)
より高い耐震性能を選択する場合、
住宅表示制度の耐震等級が
1~3まであります。等級3は
通常の1.5倍の耐震性能があります。
QUALITY
高い気密性
快適な住宅に欠かせない「気密性」
すき間のある家は、温まりにくく、
底冷えし、花粉など有害な物質が
入り込んでいる可能性があります。
6つの安心 工事写真01パース作成02 管理報告書03
仕様書04設計図05 近隣対応06

初回プランニング無料

しつこい営業は行いません。まずはお気軽にご相談ください。